肌のたるみとは?ヒアルロン酸とコラーゲンの関係

肌のたるみとは、肌を支えている物質が減り、
肌自身の重みで下へ落ち込んでいくことをいいます。
この肌を支えている物質とは、真皮層に多く存在しているコラーゲンやエラスチンです。
若いうちは、コラーゲンは豊富で、エラスチンも密ですが、老化が進んだり、
女性ホルモンが減少すると、コラーゲンも減り、コラーゲンを繋ぎとめているエラスチンももろくなり切れてしまいます。
それだけでなく、元々肌に存在していたヒアルロン酸や、
ハリを保っていた皮下脂肪もだんだん減っていき、皮膚全体が薄くなっていきます。
すると肌の機能低下により、肌自体を支えるのが困難になり、たるみとなります。
医学的にみれば、しわ、たるみ、しみは同じメカニズムで現れます。
人によってこれらのうちのどちらかもしくは全部が肌の老化現象として現れます。
肌の老化予防で一番重視しないといけないといわれているのは肌の保湿といわれます。
しわには保水効果の極めて高いヒアルロン酸などの注入ヒアルロン酸が多く含まれているスキンケア製品が効果をあげてます。
肌のたるみ