ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、鶏のトサカから発見されました。
分子量80から200万の高分子です。
身体上には、真皮、関節液、関節軟骨、椎間板などに多く存在してます。
ヒアルロン酸は胎児のときが最も体内に存在しているといわれ、
30代以降から減少し始め、40代以降では急速に体内から減少していきます。
ヒアルロン酸は、化粧品などに保湿成分として添加されるほか、
関節炎や角結膜上皮障害の治療薬や顔面のしわやたるみの修復剤として利用されています。
健康食品に配合されることもあります。

最近は、バクテリアからヒアルロン酸を合成する技術が進んでいます。

ヒアルロン酸を抽出した製品