変形性関節症とヒアルロン酸

変形性関節症に対して、膝を冷やさず温めるのは有用です。
サポータの装着は保温作用と支持作用を果たし、歩きやすくなります。
病院では、鎮痛剤の投与のほか、
ヒアルロン酸を関節内へ注入するといった治療が行なわれます。
1週間に1回程度を注入し、1ヶ月を過ぎるあたりから効果が現れます。
またヒアルロン酸は患部に注入すると一時的に痛みが和らぐ作用があります。
ヒアルロン酸注入の効果が芳しくない場合には、手術を行なうこともあります。
ヒアルロン酸を注射