ヒアルロン酸の基礎知識

ヒアルロン酸とは皮膚や関節に多く含まれており、とても優れた保水能力をもってます。 顔や手足の肌荒れが著しく改善したり、腰痛や肩こりに改善効果があるといわれてます。 またヒアルロン酸は副作用はなく、どの年齢層にも効果が見られたいう医療機関からの報告もあります。 この『ヒアルロン酸の基礎知識』では、このヒアルロン酸に対する正しい基礎知識を得るための様々な情報をご提供しております。

ヒアルロン酸の基礎知識項目一覧

CONTENTS

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、鶏のトサカから発見されました。 分子量80から200万の高分子です。 身体上には、真皮、関節液、関節軟骨、椎間板などに多く存在してます。 ヒアルロ...もっと詳しく

肌のたるみとは?ヒアルロン酸とコラーゲンの関係

肌のたるみとは、肌を支えている物質が減り、 肌自身の重みで下へ落ち込んでいくこと......もっと詳しく

ヒアルロン酸はなぜ注目されてるの?

ヒアルロン酸は、1グラムのヒアルロン酸は、6リットルの水分を保持するといわれており、 とても優れた保水能力をもってます。 ヒアルロン酸はとても大きな分子が多数結合...もっと詳しく

ヒアルロン酸の歴史

ヒアルロン酸が含まれているトサカは、 古くから中国や西欧では宮廷料理として珍重されていました。 トサカは美容食としても知られており、 中世フランス国王アンリ2世の...もっと詳しく

食事から摂取するヒアルロン酸

ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種ですが、 コンドロイチンもムコ多糖類の一種です。 これらは、フカヒレ、ツバメの巣、納豆、アヒルの皮、骨を煮込んだスープ、うなぎ、すっ...もっと詳しく

ヒアルロン酸が存在する真皮層とは?

真皮層は表皮のすぐ内側にある組織です。 厚さは、1~3ミリメートル(表皮の10倍程度)。 真皮は80%近くが水分、残りはコラーゲン、エラスチン、ムコ多糖類(主にヒア...もっと詳しく

関節に含まれるヒアルロン酸

よく『関節に水が溜まる』と聞くことがありますが、 この水は関節液と呼ばれるものです。 主に関節の軟骨に栄養を与え、潤滑油の働きがあります。 主成分は、ヒアルロン酸...もっと詳しく

変形性関節症とヒアルロン酸

膝を冷やさず温めるのは有用です。 サポータの装着は保温作用と支持作用を果たし、歩きやすくなります。 病院では、鎮痛剤の投与のほか、 ヒアルロン酸を関節内へ注入する...もっと詳しく

サプリメントとしてのヒアルロン酸

お肌の日頃の保湿は大変重要です。 保湿剤には、必須脂肪酸が配合されていたりしますが、 これは肌の弾力や水分を封じ込める働きをしています。 さらにヒアルロン酸が含ま...もっと詳しく

肌へのヒアルロン酸の注入

皮膚のしわや弾力性を保つのに物質を注入するという方法は30年以上前から行なわれてます。 これらの注入剤は、一時的なものと永続的な処理剤に分けられます。 コラーゲン...もっと詳しく

肌へのヒアルロン酸の注入の注意点

ヒアルロン酸は、もともと真皮に存在する保湿成分ですが、 そのヒアルロン酸を注射で補う施術です。 ヒアルロン酸は、顔面のしわやたるみに使用されますが、 半永久的に残...もっと詳しく

肌へのヒアルロン酸注入の場所

ヒアルロン酸注入の有効な場所は、 額のしわ、眉間のしわ、下瞼のへこみ、唇のしわ、下唇から顎のしわ、カラスの足跡です。 最近は、ヒアルロン酸の大量注入による豊胸も行...もっと詳しく

 
LINK

おすすめリンク1

【走り屋でない車好きのためのサイト】 どこから読もうかと目移り......もっと詳しく

おすすめリンク2

【クレジットカードでお得な毎日!クレジットカード比較で節約生活】 ......もっと詳しく

おすすめリンク3

おすすめリンク集...もっと詳しく

 
ETC...

『ヒアルロン酸の基礎知識』を作成したきっかけ

ヒアルロン酸は、お肌の美容健康だけでなく、関節が滑らかに動く事に関しても重要な働きをしています。 薬学に興味があり勉強している私”みなみ”は、この素晴らしいヒア...もっと詳しく

 
 
link